洗車にオススメなシャンプーや用品紹介

洗車用品で特によかったものを紹介します。販売さいとではありません。

洗車方法や洗車用具・洗車ノウハウを紹介
洗車用品のススメ >  研磨用品 > TOTO ガラス用ウォータスポットクリーナー(スポットリムーバー)
スポンサードリンク

TOTO ガラス用ウォータスポットクリーナー(スポットリムーバー)

自動車のガラスの汚れの中で、最も取りにくい汚れが「雨ジミ」いわゆるウォータスポットです。ウォータースポットは下の画像のような「水垢」に似た汚れで、洗車の際の拭き取りや、炎天下での洗車で水滴が乾いてしまったりすることで付着する汚れです。

ウォータースポットは、早期に手入れすれば比較的簡単に取り除けますが、日数が経過するにつれて固着してしまい通常の洗車や油膜取りクリーナーなどを使用しても取れなくなってしまいます。ウォータスポットとは、水分に含まれるカルシウム成分が固着したもので、家庭の浴室のガラスによく付着している水垢と同じものです。従って油汚れではないので、市販の油膜クリーナーなどを使用しても除去できません。

ウォータスポット(雨ジミ

こうった雨ジミ(ウォータスポット)は、ウインドーコーティング業者などに依頼すると確実に取り除いてもらうことも可能ですが、ウォータスポットは頑固な汚れという事から作業料金もガラス一枚で数千円と割高になっています。

そこで、誰でも手軽にウォータスポットが除去できる市販のウォータスポットクリーナーを使用するという方法があります。カー用品店などであれば入手が可能で、価格も約1000円程度〜なので誰でも気軽に購入できます。使用方法と効果のほども実に「簡単かつ確実」で殆どのウォータスポットクリーナーが「液剤を使って研磨する」というタイプになっています。ちょうどコンパウンドと同じような使用方法で大丈夫というわけです。

TOTO ガラス用ウォータスポットクリーナー(スポットリムーバー)

雨ジミやウロコは、ウインドーに付着していると夜間の視界に入るのでとても気になります。直接事故に繋がるということはほとんどありませんが、酷い雨ジミ・ウロコ汚れになると危険であることは間違いありません。ウォータスポットは早期に取り除くことが一番の解決方法なので、頑固な汚れになって業者に依頼する前にこういった市販のウォータスポット除去クリーナーを使用することも大切です。

除去にはこういった市販品を使用するのが一番安上がりですが、コーティング業者などでもウォータスポットの除去は行われています。おおおその価格は1台で9000円〜になっています。時間のある方、少しでも安く除去したい方は、こういった市販のウロコ除去用品を使用するのが安上がりです。

※一番肝心なのは、洗車の都度ウインドーコーティングをきちんと行って雨じみやウロコ・ウォータスポットが発生しないようにすることです。


------------------------------------------------------------------------


スポンサードリンク
カスタム検索
カテゴリモバイルサイト
By 中古車をパーツで速くさせる方法
携帯サイト用 QRコード
中古車をパーツで速くさせる方法QRコード
中古車をパーツで速くさせる方法の携帯用サイトも公開中!
殿堂入りメールマガジン 無料!
まぐまぐ殿堂入りメールマガジン
殿堂入りしたまぐまぐメルマガと当サイトからの裏メルマガ「中古車をパーツで速くさせる方法」あなたのメールボックスに当サイトのチューニング情報をお届けします。
(マガジンID:0000196032)無料です。
お名前 (ハンドルネーム可)

メールアドレス
(携帯電話アドレス不可)


This website is powered by Movable Type 3.2